アーティスト活動と仕事の両立

アーティスト活動と仕事の両立

自分の中にブレない軸を持つ

アーティストであろうとなかろうと、仕事はしないと、生きていけません。そして仕事を通して社会貢献することで自分は人の間に生きる存在なのだと実感できるので、たとえ莫大な遺産を継いでいるから何もせずに生きていけるような方だとしても、精神面のためにやっぱり仕事はするべきだと思います。仕事って、誰かの役に立つことでお金をもらう行為ですから。

とはいえ僕はアートと仕事を両立するために、さまざまな仕事を転々としてきました。英語を使った仕事がしたい…アートに関わる仕事がしたい…人と接する仕事がしたい…クリエイティブな仕事がしたい…など、毎回違った角度から求職活動をしてきました。結果、仕事内容はどうでもよくて、自分の軸にある信念を、貫くことができるかが最も重要であることがわかりました。

まずは自分の軸を探す

僕は、困っている時闇雲に転職エージェントやハローワークに相談に行きましたが、あまり意味はなかったです。特に転職エージェントは、我々は使わないほうがいいです。なぜなら彼らの仕事と言うのは、とにかく人をどこかの企業に入れて、紹介料をもらうと言うものだからです。あなたの人生のことなんて一切考えてはいないし、責任なんて持ちません。良くも悪くも見込みがないと思えばすぐに捨てるのが、彼らです。人材は、商品なのです。

しかしみなさん仕事探しについて調べていると、コンテンツがうまいこと転職エージェントサイトに誘導されるようになっていませんか?転職サイトを使って人生を変えよう、なんて言っていませんか?あれはそこを経由して登録されると、なかなかの額の紹介料がもらえるからなのです。もうお分かりだと思いますが、転職の仕方をらまとめたブログは、そこから収益を得るようにシステム化されたお金儲けのためのブログなので、アーティストのあなたがどんな仕事についたらいいのかなんて、絶対に教えてはくれません。

このように不純な情報が錯綜し、不労所得を得たいだけの人たちや、人身売買が横行しているようなこの世の中、ではどうやって仕事を見つけたらいいのか?なぜ何度転職してもうまくいかないのか?それは自分の中の軸がわかっていないからです。そしてそれが分かれば、何を選択し、何を諦めるべきなのかが明白になります。

軸をもとに仕事を探す

例えば私が今回軸にしたのは、以下の点です

  • とにかくアーティストとしての生活が第一
  • 誰かを幸せにしてあげることが出来るくらいの稼ぎがもらえる
  • 東京に住むとアトリエを確保するのが難しくなるから、出来れば東京近郊で、家賃の安く広い家から通える場所
  • 外資系企業のような、ビジネス志向が強すぎるところはアーティストマインドを保てなくなるので避ける
  • 残業がない
  • 自分に合った仕事であれば、内容は問わない

このようにして、自分の手に入れたいもの、犠牲にしても構わないものを紙に書き出すと、自然とそう言った仕事が目につくようになり、うまく着地ができます。

仕事探しは簡単ではないですが、自分の軸がわかると人生そのものの中で、自分が何を成し遂げたいのか、そのためには何をしたらいいのかが明らかになるので、自分を見つめ直すにはとてもいい機会です。

皆様がアートと仕事の両立が出来るよう幸運を祈っています!

コメントを残す